【スポンサーリンク】

記憶はどんどん薄れていく・・・

初めての異業種交流会が終わりました。

いろんな方といろんな話をしたことでしょう。

 

名前と顔も一致しない人もいるでしょうし、

話をしたことも忘れてしまうこともあるでしょう。

 

だからこそ、

記憶があるうちに次のコンタクトを取った方がいいのです。

 

また、

異業種交流会に持っていくと便利なアイテム』でも触れたように

名刺やメモ帳にちょこっと取ったメモが

ここで威力を発揮するのです。

 

そのメモが、薄れかけている記憶を鮮やかに呼び起こしてくれます。

【スポンサーリンク】

用事がなくても連絡をする

ところが、いざコンタクトを取ろうと思っても

特に用事がないし・・・と躊躇してしまうかもしれません。

 

でも、そんなこと考える必要はありません!

 

連絡を取りやすくするよう、

あなたの心理的ハードルを下げるために

布石をうって交流会での会話をクロージングしたはずです。

相性が良い人とは「また会いましょう!」で終わる』で説明した通りに。

 

電話でもメールでも

「交流会のときはありがとうございました。

また会いましょう。」

という気持ちをストレースに伝えればOKです。

 

きっと相手の方も快く受けてくれますよ!

気軽にお願いごとをしてみる

もし、相手の方に何かお願いしたいことがあったとしたら

それも連絡するチャンスです。

気軽にお願いしてみましょう。

 

まだ1回しか会ったことがないのに・・・

 

なんて思う必要ありません。

社会人として失礼のないようにお願いしてみれば

たいていは快諾してくれます。

 

ダメな場合でも、

きちんと説明して丁寧にお断りをしてくれます。

 

失礼な態度で返してくるような人だったら、

こっちから願い下げだ!!

くらいの気持ちで、思い切って言ってみましょう。

 

それが思わぬ展開を生むかも(?)しれませんよ。

← 前の記事へ
【広告】