【スポンサーリンク】

名刺は「必須」か?

服装ともう1つ気になるのは「名刺」についてではないでしょうか。

  • 名刺は持っていかないといけないの?
  • 個人の名刺を持っていないんだけど、
  • どうすればいい? 会社の名刺じゃダメ?

 

名刺にまつわる悩みは、この3つになると思います。

名刺はあった方がいいです。

そもそも交流会で何をするのか?

ということを考えると、名刺は限りなく「必須」と言えます。

 

異業種交流会では、新しい人と出会うわけです。

ですので、必ず自己紹介から始まります。

ビジネスでの自己紹介に名刺はつきものですよね。

 

ビジネスパーソンと挨拶を交わしたとき、名刺を持ち合わせていなくて

恥ずかしい思い、あるいはバツが悪いなあと感じたことはありませんか?

それとまったく同じです。

 

名刺はなくてもなんとでもなりますが、

なんとなく「しまった~!」という気分になります。

せっかくの交流会の楽しさが半減(?)してしまいますよね。

ですので、名刺はしっかりと準備をして持っていくべきです。

【スポンサーリンク】

名刺がないことで生まれる不具合

名刺を持たないデメリットをもう1つ。

 

相手にあなたの連絡先を渡すことができなくなります。

名刺には、メルアド、携帯電話、Twitter、あるいはLINEなど

あなたとコンタクトを取るあらゆる手段が書かれています。

 

それを渡さないというのは、せっかくチャンスが広がる可能性を

みすみす逃してしまうことなのです。

もったいないですよね。

会社の名刺じゃダメ?

会社の名刺を持っているなら、これでもいいかな?と思うかもしれません。

でも、ちょっと待ってください!

 

もし、あなたが会社の許可を得て交流会に参加するなら

何も問題ありません。

 

しかし、会社には言わずに個人で参加するのならば

会社の名刺は使ってはいけません。

 

なぜなら、その名刺は会社のお金で作ったものであり、

会社の業務上必要な場合に使うことを許されているものだからです。

個人の都合で勝手に使っていいものではないのです。

 

これは、社会人としての一般常識です。

会社とプライベートをしっかりと分けて考えるようにしましょう。

 

ということで、

異業種交流会に参加するときは、

個人の名刺を準備して行くようにしましょう。

 

でも、どうやって個人名刺を作ればいいのでしょうか?

それは、次のページで説明します。

← 前の記事へ 次の記事へ →
【広告】